看護部

看護部長ご挨拶

看護部長  田中 且子

千葉みなとリハビリテーション病院 看護部長
認定看護管理者
田中 且子

 

私たちは、患者様の“寝たきりゼロ”“在宅復帰”を目標に24時間を通して患者様個々にあったリハビリテーション看護・介護を提供しています。患者様が住み慣れた環境でご入院前の生活に近づけるよう、ご入院前から地域との連携を密に行っております。ご入院後は患者様やご家族の方と退院後の目標について話し合い、在宅復帰に必要な「日常生活動作の獲得」に向けリハビリテーションが実施できるよう、リハビリテーション科と一体となり看護にあたっております。今後も、地域のみなさまに信頼される病院づくりに努めてまいります。

私たちは、回復期リハビリテーション病棟協会の「看護・介護10か条」をもとに看護を提供いたしております。

  1. 食事は食堂やデイルームに誘導し、経口摂取への取り組みを推進しよう
  2. 洗面は洗面所で朝夕、口腔ケアは毎食後実施しよう
  3. 排泄はトイレへ誘導し、オムツは極力使用しないようにしよう
  4. 入浴は週2回以上、必ず浴槽に入れるようにしよう
  5. 日中は普段着で過ごし、更衣は朝夕実施しよう
  6. 二次的合併症を予防し、安全対策を徹底し、可能な限り抑制は止めよう
  7. 他職種と情報の共有化を推進しよう
  8. リハ技術を習得し看護ケアに生かそう
  9. 家族へのケアと介護指導を徹底しよう
  10. 看護計画を頻回に見直しリハ計画に反映しよう

患者様が安心して療養生活が送れる環境作り、患者様一人ひとりのニーズに応じた看護が提供できるよう日々努力を重ねております。入院された患者様・ご家族の方が、「この病院に入院してよかった」と笑顔で退院されるように、明るく・楽しく・元気よく、心のこもった温かい看護を提供いたします。

今後とも、千葉みなとリハビリテーション病院をよろしくお願い致します。

看護部紹介

◆医療安全管理者 吉井京子

患者様が安全に、そして安心して入院生活を送ることができるように、医療安全に対する職員の意識向上や教育、院内で起こるインシデントに対しての対策・評価を行い、事故を未然に防ぐように働きかけを行っています。今年度より近隣の病院の協力を得て相互に医療安全に対する取り組みを評価し、より有効な医療安全対策を立てることができるようにラウンドを行っていきます。安心・安全な医療、医療安全への土壌づくりと地域病院との連携をキーワードに日々活動を行っています。

◆2階病棟 看護師長 伊藤さつき

私たちは回復期リハビリテーション病棟の看護師として、病気やけがによる後遺症の回復を目標にご入院いただいた患者様がリハビリテーションの結果に満足し笑顔で退院していただくために、安心・安全な日常生活を送れるよう援助を行っています。
当病棟は、その専門的な看護を提供するために、看護計画内容について毎日のカンファレンスで話し合い、より個別性をもった関わりが実践できることを目指しています。入院生活のみならず退院後の生活にも目を向け、多職種からなるチーム医療を提供していきます。

◆3階病棟 副看護師長 徳成 みづほ

当病棟は『チーム医療』を大切にしております。医師およびコメディカルと共に連携を密に取り、急性期を脱した患者様へ身体的・精神的なサポートを行っております。
患者様やご家族様の目標や希望により近づけられるよう、入院後早期から退院時の状況を見据えてチームで日々話し合いを行い、統一した方向性をもってリハビリに取り組んでいます。また、ご家族様にもケアに積極的に介入していただけるように家族指導の面にも力を入れています。

◆4階病棟 副看護師長 高橋 美喜子

当病棟は、患者様が住み慣れた地域、環境で受傷前と同じような生活が送れるように、入院前から他職種と連携を行い、在宅復帰に向けた看護・介護を提供しています。リハビリテーションでできるようになったことを日常の生活につなげるために、日々スタッフと確認し合い、安全に入院生活が送れるよう心がけています。
病棟目標は、「発症前に近い状態で日常生活が送れること」です。現在、在宅復帰率は95%ですが、100%目標にスタッフ一同頑張っております。

◆看護師 安田えり

当院は回復期リハビリテーション病院として患者様が在宅および社会復帰することを目標に365日リハビリテーションを提供しています。その為に、患者様に関わる全てのスタッフが一丸となってチーム医療を行っており、その中でも看護部は看護師・看護補助者が連携し、患者様が安全・安心・安楽に入院生活が送れること、そして機能回復やADL向上を意識した日常生活への介入を行っています。また患者様の身体面の介助だけでなく、入院中及び退院後の生活や介護も見据えて家族とのコミュニケーションも大事にしております。

◆看護師 篠田 友之

私が当院に入職した当時、「1年365日休みなくリハビリテーションが行われる」と聞いて驚いたことを覚えています。週休2日が当たり前の昨今、患者様はお正月やお盆も休まずリハビリを続けておられます。急性期を脱したとはいえ、身体機能が大きく損なわれるほどの病気やけがを負われた患者様にとって、リハビリは決してたやすいものではありません。このようなお辛い時期に患者様・ご家族様に寄り添い、一緒に泣いたり笑ったりできることはリハビリテーション看護の魅力の一つです。
患者様が当院でのリハビリを終えて、入院時とは比較にならないほどに身体機能が回復して退院されるお姿を目の当たりにし、私も患者様から元気を頂いております。

◆看護師 牧田 由季

私たち看護師は多職種と連携をとって回復期リハビリテーション病院の一員として看護を提供しています。患者様が、安心安全にリハビリテーションに取り組めるよう体調管理や身体的、精神的不安に対して傾聴し援助を行っています。
出産後も働きやすい環境が整っており、残業も少なく仕事と子育てを両立し、安心して働ける職場です。

◆看護副主任 大畑佑樹

当院は回復期リハビリテーション病院として「患者さんのADLを向上させる為には」ということを看護師だけで考えるのではなく、他職種と密に連携を取りながらチームで患者様の入院生活に関わっていくことができることが特徴です。
また、当院は残業時間も少なく家庭で子供と過ごす時間が多く取れ、仕事と家庭の両立ができる病院です。プライベートでも二児の父として充実させることができる事が大きな魅力です。

◆看護補助者 阿部 智子

急性期の治療を終えた患者様が、病気や障害を持ちながらも日常生活が送れるよう、移動・歩行・食事・入浴・排泄など生活の援助・見守り等の介助をしています。日々患者様の回復を感じることができ、看護補助者として学ぶ事も多くとてもやりがいがあります。
患者様にとって看護補助者は身近な存在。患者様の体調や気持ちに寄り添い、安心してご入院頂けるようスタッフと共に努力していきたいと思います。

◆看護補助者副主任(介護福祉士) 早川 弘美

私たち看護補助者は、看護師やリハビリスタッフと常に連携を取り、患者様の一日も早い在宅、社会復帰に向けて、日々援助のための努力を惜しみません。常に「ホスピタリティ-」精神に基づき、温もりのあるおもてなし(介護)を考え、患者様の尊厳を重んじ、病気への不安を取り除けるよう、安心できる心地よさのある時間と場所を提供します。看護補助者一同思いやりの心を持って接することの大切さを心掛けています。

◆看護補助者(介護福祉士) 桐谷 勝枝

私たち介護福祉士は、当院の基本理念・基本方針を念頭に置き、各専門職のスタッフと連携を図り、患者様が1日も早く社会復帰、在宅復帰出来るように日常生活動作獲得のお手伝いをしております。
そして、患者様1人1人に合ったケアと療養環境を提供致しております。
私たちにとって患者様が、徐々に回復し笑顔になっていくことは何よりの喜びです。
1人でも多くの笑顔に出会えるよう、これからも全力を尽くして取り組んで参ります。

◆看護補助者副主任(介護福祉士) 高橋敏彦

介護士は、患者様の日常生活の全般をお手伝いすることが中心のお仕事です。
当院では在宅に近い生活が送れるよう朝・夕の更衣、洗面所での歯磨き、トイレでの排泄、週3回の入浴など看護師・看護補助者(ケアワーカー等)が一緒に患者様に生活援助を行っています。
患者様から「ありがとう」など感謝の言葉を頂き、誰かの役に立っていると実感できます。
何よりも、患者様が出来なかったことができるようになったと一緒に喜べることは、この仕事をしていて良かったと思い、やりがいを感じます。

◆レクリエーション

病棟では看護補助者を中心に1日3回レクリエーションを行っています。日中の離床を促す機会となり、夜間の良眠にもつながります。内容は体操など身体を動かすもの、脳を刺激するもの、手作業などを行っています。入院当初は消極的だった患者様も慣れてくると笑顔で積極的に参加されています。

◆カンファレンス風景

病棟では毎日、医師・看護師・看護補助者・リハビリセラピスト・社会福祉士等多職種がチームを作りカンファレンスを行います。患者様の情報を共有することで、それぞれの専門職が起床時から就寝時まで24時間を通してリハビリテーションを提供しています。